個室にて

更新されてなかったら僕を叱ってください。

架神恭介『仁義なきキリスト教史』

 

仁義なきキリスト教史 (ちくま文庫)
 

  冬に文庫版が出たと聞いてネタとして面白いと思い購入したものの、部屋の床に転がったまま四月まで発掘されなかった一冊。コンセプトは、キリスト教の歴史を極道モノとして面白おかしく紹介しようというものである。

 キリスト教という聖的なイメージを持つとされる宗教を闘争という観点で捉えるならば、ぶっちゃけ極道組織を引き合いに出す必要はまるでない。キリスト教の闘争を政治的闘争であれ殺し合いであれそのまま語ってくれても、その多くは私たちが理解できるものだろう。少なくとも、教義は分からずとも何でどんなふうにことが展開しているかはおおよそ分かるのだし、世界史の授業は恐らくそうやって成り立っている。それでも作者が極道を引き合いに出してきたのには、恐らく「仁義」という考え方がそれ自体宗教的でありつつ政治的なものであるということと関わりがあるだろうし、極道から連想される血腥いイメージが作者のキリスト教観に見合っていたからなのだろう。作者本人は、キリスト教の俗的部分を強調するためのヤクザなのだと述べている。

 最初はそれなりに面白く読めたのだが、第三章あたりから徐々にだれはじめる。誰もが極道のよく分からない広島弁で話すし、重要なシーンを飛ばし飛ばし流すものだから、ヤクザ同士の怒鳴りあいと解説が大半を占め、話にハリがない。極道との類比がもたらす一つの難点は、国全体がヤクザになってしまったのであれば誰もがけったいな言葉で話さざるを得なくなることである。それどころか、平民やキリスト教国家になって以降の国王のみならず、ピラトゥスやコンスタンティヌス帝のような宗教ヤクザ外の人でさえみんなヤクザ言葉で話す(作者の心持としては、帝国はヤクザなのかもしれないしそのように述べているように取れる箇所があるのだが、それだとヤクザ外という概念がそもそもないことになってしまう。)。唯一の例外はヤコブだが、こちらはこちらで、あまりに典型的な「いやらしい中年のおじさん」みたいな感じの描き方になっていて、なんというかクサい。

 それと、極道モノにすることでイエス死後直後あたりまではそれなりに極道モノっぽく読めるのだが、やはり11世紀あたりに入っていくと極道モノとして読むにはかなり無理が入ってくる。キリスト教の語彙が「極道用語」として紹介され発言が極道の言葉に翻訳されているだけで、任侠ドラマとして見るにはかなり無理が出てくる。任侠映画なんてテレビでちょっとくらいしか見たことがないのだが、そんな僕でも「これじゃない感」がある。

 最後の解説で、キリスト教世界をヤクザ物語にする効用として解説者は、「〔キリスト教を〕多くの宗教の一つとして相対化するのみならず、「人間ならではの営み」というさらに根本的なレベルでも相対化してみせた」と述べている。え? ほんとに?